メガマックを食べる!マクドナルドの隠れハンバーガー?「メガマック!」


TOP     管理人情報     免責事項     

マクドナルドについてカテゴリ一覧>

その歴史

現在のマクドナルドになるまで

最初のマクドナルドは、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンバーナーディノでディックとマックのマクドナルド兄弟(Richard and Maurice McDonald)が1940年に始めたものである。この後、有名な「スピード・サービス・システム」のキャッチフレーズと、工場式のハンバーガー製造方法、そしてセルフサービスの仕組みにより、1948年以降に特に有名になった。

1954年、ミルクシェイク用ミキサーのセールスマンで企業家のレイ・クロック(Ray Kroc)が、ミキサーを売りに兄弟の店にやってきたとき、マクドナルドの仕組みについて興味を持つようになった。特にクロックが興味を持ったのは、マクドナルド兄弟のレストランの回転が大変に速く、相当数の人数の客を次々とさばくことができることだった。

すっかり感心したクロックは、ミキサーのメンテナンス(修理および調整)のためにレストランにやってきたとき、マクドナルドのシステムをフランチャイズ形式にして、システムそのものを売る商売を始めてはどうかと兄弟に勧めた。

クロックは、マクドナルドを売り込むために熱心に働いた。彼は、近々できるディズニーランドの中にマクドナルドのレストランを入れるように積極的に売り込んだ。この試みは失敗したが、このときにウォルト・ディズニーにも直接売り込んだ。

結局、クロックは、イリノイ州デスプレーンズに最初のフランチャイズ店を出店した。これは即刻大成功となった。クロックは新しい会社を作った。社名は"McDonald's Systems Inc."(マクドナルドシステム会社)。この会社は1955年3月2日に設立された。1960年には、社名を"McDonald's Corporation"(マクドナルドコーポレーション)に変更した。

クロックのマーケティング戦略のうちの一つは、家族向けの店舗にすること。特に子供を商売の対象とすることだった。1960年代初め、ワシントン特別市でマクドナルドのフランチャイズ権をとって営業していたオスカー・ゴールドスティン(Oscar Goldstein)という人物が、ウィラード・スコット(Willard Scott)というピエロが所属するBozo's Circus(荒くれ男のサーカス)という名の出し物のスポンサーについた。この出し物が中止されると、ゴールドスティンはマクドナルドのマスコットとしてスコットを雇った。このとき、スコットは、マクドナルドにちなんで、「ロナルド・マクドナルド(Ronald McDonald)」という役名で呼ばれることになった。なお、日本では、販売戦略上の理由(発音しづらい点でも)から「ドナルド・マクドナルド」と呼ばれている。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。